デモ聴いてください

 
 すごくどうでもいいことだが、天才を演じてみたり、自分が賢くて能力がある人間だとして振舞ってみることが、自分の音楽性にとってどれぐらい重要だったかということを最近思い出した。居丈高で上から俯瞰して見せるような態度というのは殆どすべての人にとって受け入れがたいものだ、だけど、相手が天才だったり、賢くて能力がある人間だったりする場合は、そういうことってありがたいことになる。別にありがたがってもらいたいわけじゃないが、ありがたがりたい人っていうのは世の中に多くいるわけで、そういう人たちに対して、責任を果たすためにも、本当の自分の能力にとって分不相応な天才や、頭の良い人物を演じることをちゃんとやろうと思う。他人を不快にさせないことって大切だが、他人を不快にさせないためになにかを行うことはできない。かろうじて他人を不快にさせかねないことをしてオドオドすることだけができる。できることを粛々と行うのみだ。